睡眠の質を下げないコーヒーの飲み方

コーヒー愛飲者って多いですよね♪朝に一杯、仕事中にも一杯・・・な〜んて常によく飲む習慣ができているほど、日本でもコーヒーは飲み物としては欠かせない存在になっていますよね。

 

ですがこのコーヒー。そもそも眠気覚ましに使われるぐらい、眠気対策に活用している方も多いのです。
この影響もあり、夜にコーヒーを飲まないようにしている方も多いかと思います。

 

でもコーヒー愛飲者のみなさんは内心、夜にもコーヒーを飲みたいと思っているのではないでしょうか。

 

夜コーヒーを飲むと、睡眠の質が下がり睡眠をうまく取ることができないのではないかという不安もありますが、でもやっぱり飲めるのなら飲みたいですよね。

 

もし、睡眠の質を下げないでコーヒーを夜も飲むことができたらいいのにな・・・。何て、そんな願いを今回は叶えるコーヒーの飲み方を調べてみましたよ!
そもそも、みなさんもうご存知かもしれませんが、コーヒーに含まれているカフェインという成分が、わたし達の心配している睡眠に対して影響を及ぼしています。

 

このカフェインが機能している時間が、約7時間程度(かなり長いですよね!!)だそうです。
ですから、この時間をうまく活用し、自分が睡眠する前の約7時間前にコーヒーを飲まなければしっかりと睡眠の質を下げずにコーヒーを飲むことができるということなんです。

 

ただし、普通に考えて寝る約7時間前に我慢をするなんて、コーヒー愛飲者にとってはとてもじゃないですが厳しいですよね。わかります・・・。
でもこれでは確実に夜のコーヒーは楽しめなくなってしまうということがわかります。

 

なら、何か他にいい方法はないのか・・・。そう思ったときにひらめいたのが「コーヒーのようなコーヒー」!!
最近では妊婦さん向けなどのノンカフェインコーヒーなどが良く出ていますし、コーヒーの味を楽しむことができる、健康志向のコーヒーのようなコーヒーもたくさん販売してありますよね。

 

こういうものを代用してみるのもひとつの手だと思いますよ。健康にも気を使えるので、おすすめですね〜。
また、どうしてもそういう代用のものではなく、普段のコーヒーを飲みたい!というこだわり派の方は、飲む量を減らしたり、牛乳や豆乳などで割って(割るといっても、コーヒーの割合がものすごい濃い9:1とかではなく、せめてコーヒーの割合を少なくしてくださいね!)飲んでみるのもいいかと思います。

 

こちらもよりヘルシーになりますし、何よりも睡眠の質をコーヒーにより下げにくくなるのではないでしょうか。
コーヒーが大好きなのはわかりますが、このように睡眠の質を下げたくないのであれば睡眠の質を下げないコーヒーの飲み方を夜にコーヒーを飲む際には取り入れてみるといいかと思います。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加