眼精疲労に効果的な食べ物

眼精疲労に悩んでいる方、いませんか?

 

実は最近では眼精疲労に悩んでいる方は増加傾向にあるようですよ!

 

仕事でパソコンの画面と1日中にらめっこ、何ていう方はもちろんのこと、スマホの画面やゲームの画面など・・・。
やはりこのような液晶画面を見ることが日常の当然の習慣のようになっているからでしょうか。

 

眼精疲労が出てきてしまって、少し目の休憩時間を作るというようなことは可能かもしれませんが、目が疲れたからといって完璧に液晶画面を見るのをシャットアウト!何ていことは不可能。
ましてや仕事の時になんてそんなことはできないから、眼精疲労は仕方のないことだと諦めている方も多いかもしれません。

 

ですが、この眼精疲労。少しは普段の食べ物からも疲れを軽減させることもできるようですよ!!
そもそも、眼精疲労に良いといわれている成分は「アントシアニン」という成分なんです。

 

それなら、このアントシアニンという成分が含まれている食べ物を摂取する習慣を心がけてみてはどうでしょうか。
せっかくそういう効果的な成分があるというのに、摂取せずにそのまま眼精疲労に悩んでいるだけではちょっともったいないですよね。

 

また、眼精疲労の悩みの負担が軽減されますと、仕事もより効率的にこなすことができそうですよね。
ではさっそく、アントシアニンという成分が含まれている食べ物をご紹介いたします。

 

・ブルーベリー
・なす
・シソ
・紫芋

 

・・・この類をみて、気づくことはありませんか?

 

ブルーベリーは、目にいい何ていう言葉を聞くことはよくあるので、ブルーベリーは納得の食べ物ではあるのですが、その他の食べ物にご注目ください。

 

そうなのです。
アントシアニンを多く含む食べ物は「紫色」をしているものが多いということ

 

この紫色のものを多く食べるということを意識されると良いかと思いますよ。
ブルーベリーをそのまま食べることはコスパ的にも日常生活で難しいという方は、なすやシソなら可能だと思いますしね。
これなら、普段のおかずの作りあわせにもぴったりだと思います。

 

ただし、このアントシアニンだけを摂取すればいいというわけではなく、しっかりとビタミンAやビタミンB群が豊富に含まれている食べ物を摂取することも大切です。
ビタミンAが豊富に含まれている食べ物といえば、ほうれん草や人参などがあげられますし、ビタミンB群の食材としましては豚肉や豆腐などがあげられます。

 

ここでも多くの方が気づくかと思いますが、普段わたし達が食卓に上げやすい食べ物ばかりですよね。

 

眼精疲労に効果的なこのようなおすすめの食べ物をしっかりと食べて、眼精疲労を少しでも軽減させる食生活を送られてみてはどうでしょうか。
きっと、仕事などの効率もぐんと眼精疲労の負担が減ることによりアップしよいことづくめなはずですよ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加