昼寝が疲労を回復する!?

疲労回復に昼寝がチカラを発揮してくれるということはご存知ですか?
昼寝をすると夜眠れなくなってしまい、かえって睡眠の質が落ちてしまう・・・。

 

そういう風に考える方もいるかもしれませんが、実は昼寝、疲労を回復するのにおすすめなんですよ!
実は昼寝って、そもそも夜に取る睡眠よりも約3倍もの効果があるのだそうです。
この数値には驚きですよね!

 

でも昼寝、普段仕事をしていると時間を取りにくいよね〜何て思っている方もいるかもしれません。

 

たしかにお昼ごはんを食べたあとの眠気が辛い。でもその眠気に耐えてしっかりと午後の仕事に備えなければ頭が寝ぼけて回らない!!
何てイメージがついてしまっているのもわかる気がするのですが、実はこのお昼ごはんを食べたあとの仕事開始までの数十分の時間を有効活用して欲しいのです!

 

10分、15分くらいの時間であれば昼寝の時間を取ることも、仕事をしている方でも可能なのではないでしょうか。
もちろんベッドや布団に入って寝なければ疲労を回復させることができないというわけではないイスに座ったままでも大丈夫です。

 

むしろ仕事をしている方は、ベッドや布団に入って横になって昼寝をしてしまいますと起きれなくなってしまたり、さらには逆に起きても寝たりない状態を実感し、頭がいつまでも寝起き状態でしばらくボーっとしてしまい仕事に支障をきたす可能性もありますからね。

 

やはり、この細切れ時間である10分、15分の時間をイスで昼寝の時間にあてるのが良いかと思います。
今まで気にされていない方が多かったかもしれませんが、意外とお昼ご飯を食べた後にこの10分、15分の昼寝時間を設けている方が多いということに気づくかと思います。

 

また、こういう時間をうまく作っている方は仕事ができるといわれている方が多いと思いませんか!?
もちろん、職場内でのコミュニケーションの一環として、会社の方々との話に花を咲かせて盛り上がり、昼休みを楽しく過ごされるのも良いかもしれませんがせっかくなら、こういった昼寝の時間にあてる日を作ったりしてみてはいかがでしょうか。

 

もちろんこの昼寝。家事や育児で普段奮闘し、頑張られている主婦の方にもおすすめですのでぜひお試しを☆

 

ただ、家で昼寝時間を設ける場合注意したいのが、上記でも述べたとおりベッドや布団に入っての昼寝は避けたほうがよさそうですね・・・。
昼寝で疲労を回復させ、毎日元気一杯に仕事に家事や育児をお互い頑張っていきましょう!!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加