寝る前のパソコンやスマホが睡眠の質を下げる!?

パソコンやスマホ・・・とにかくこういう液晶モノが普及し、もうわたし達の生活には欠かせない存在になっていますよね。
中にはスマホを出かける際に家に忘れてしまった際には、とにかく1日中落ち着かない!!何ていう方も多いのではないでしょうか。

 

このように一時も手放しにくい、むしろ依存しがちなパソコンやスマホ。
当然ながら寝る前にベッドに入った際にもスマホをいじっている、何ていう方もほとんどだと思います。

 

このように、寝る前にパソコンで気になる芸能人のブログチェックやネットショッピング♪何ていう方も多いでしょうね。

 

ですがこの寝る前のパソコンやスマホチェックが実はあなたの睡眠の質を下げてしまっているということはご存知でしょうか??

 

意外と気にされていない方が多いかも知れませんが、実は睡眠に影響を与えているんですよ。

 

そもそも寝る前って特に、脳に刺激を与えることがよくないんです。

 

それなのに、パソコンやスマホなどを睡眠の前にいじることにより、脳に刺激を与えてしまっているということになっているのです。

 

「だからといっても、あまり影響を与えていないでしょ?」

 

何て甘い考えの方も多いかもしれませんが、それは大きなカンチガイ!

 

寝るときにしっかりと切り替えられている副交感神経に、交感神経がいつまでも切りかわりにくくなり、睡眠から残念ながら遠ざかってしまうのです。
経験がある方が多いかもしれませんが、思いもしない情報やパソコンやスマホでのゲームでの刺激により、気持ちが興奮することもありますよね。

 

この興奮があると、よりいっそう睡眠から遠ざかっていつの間にかあっという間に時間が経過して結局あまり寝れなかった・・・何ていうこともありますよね。
また、それだけではなくパソコンやスマホの液晶から放たれているブルーライトも、睡眠にあまりよい影響を与えているとはいえないんです。

 

ちょっと意外かもしれませんが、このブルーライト。
普段から浴びることの多い朝日と光のパターンが良く似ているのだそうです。

 

朝日って、目覚めるのにはもってこい!朝日をとにかくしっかりと浴びるとすっきりしますよ♪何て、朝日の話を聞くことがよくありますが、睡眠前にそんな光をあびてしまったら・・・??
この逆説を考えてみて睡眠の質を向上させたりしっかりと睡眠が取れる状態に脳の準備ができるか・・・といったら、当然のことながらできるとはいえませんよね。

 

また、ダブルで目に疲労感も与えてしまうので、目の緊張感も高まってしまうので、より睡眠の質を下げるどころか睡眠の状態の質を上げることからも遠ざかってしまうのですね。

 

やはり、寝る前のパソコンやスマホの利用は控えて、しっかりと普段から睡眠の質を高めることにより、睡眠で疲れをしっかりと取ることができ、次の日に疲れ知らずな生活を送ることができるのではないでしょうか。
まずは完璧にパソコンやスマホの利用をやめるなんてできない方は、徐々に睡眠前に使用するのを控えてみてはどうでしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加