効果的なお風呂の入り方

効率的なお風呂の入り方ってどのようなお風呂の入り方なのでしょうか。
気になりますよね。
しっかりと効率的なお風呂の入り方をすれば疲れも取りやすく、また、よりしっかりと次の日に備えやすいのでおすすめです。
せっかくなので効率的なお風呂の入り方をあなたもこれからは実践してみましょう!

 

まずはお風呂へ入る時間。
これはあなたが眠りに就く約3時間前に済ませておくと、睡眠にもチカラを発揮してくれるようです。
たとえば夜の11時に睡眠を取っているのであれば、夜8時にはお風呂を済ませておく。これで、しっかりと睡眠を取ることができ

 

次の日を快適に過ごすことができるとしたら、とってもお手軽ですよね。

 

また、疲れを実感している方は入浴中に軽く体をほぐすマッサージもプラスすると、血行促進などの効果をはかることができ、体の代謝がよくなるのでおすすめです。
では問題の湯船に浸かる時間はどのくらいがいいのでしょうか?

 

最近は半身浴などがブームで、かなりの時間、湯船に浸かっている人もいるかもしれませんが、あまり長い時間湯船に浸かるというよりも、約20分程度浸かることがおすすめ。
約20分程度浸かってしまえば、しっかりとよくいう体の芯から体が温まってくれるので、約20分程度と考えておいて大丈夫だと思います。

 

湯船の温度に関しましては、人の好みがそれぞれあるので一概には言えませんが、36℃〜40℃の程よい温度で湯船に浸かると、体の負担がかかりにくいかと思います。
あまりにも高温のお風呂だと、かえってお湯の熱さが影響し、体に負担をかける危険性もあるからです。

 

高温が好きだという方も多いかもしれませんが、体に負担をかけないためにも、あまりにも高温すぎなお風呂は避けたほうがよいかもしれませんね。
また、このお風呂の時間、入浴剤なども自分の大好きな香りのものを活用しますと、より体をリラックスさせることができ、日々の疲れを取りやすいかと思います。

 

それだけではなく、こういった自分のオリジナルのお風呂の時間のカスタマイズをすることにより、お風呂の時間が楽しみにつながるのもとてもいいことですよね!
このように、お風呂の入り方はお風呂に入る時間や湯船に浸かる時間、温度のポイントをしっかりと押さえた上で、自分の好みに合わせたお風呂グッズを活用することにより、いくらでも自分にとって効果的なお風呂になってくれちゃうのです。

 

このことを毎日のお風呂へのヒントとし、自分オリジナルの効果的なお風呂を作り上げて毎日お風呂に入っちゃいましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加